25歳の若造がこの街でやれる事

25歳の若造がこの街でやれる事

2021年9月19日 オフ 投稿者: ゆーや

昨日、ちょうど10/1配信のYouTube撮影を終えたところなんですが、今回で延べ9名の方にゲストとしてお越しいただきました。

 

最初の目的は、とにかくこの街でご活躍されている方の魅力を伝えたい一心で見切り発車したわけですが(動画編集スキルは後からついてくるものですね笑)、ここ最近それだけでなく、本当に日々勉強させていただいているというか。

 

皆さん、東海市にゆかりがある点では同じなんですが、それぞれの業界でご活躍されているわけなので普段は交わることはあまりないはずです。

交わっても地域の組合活動くらいで、お互いの事業について議論を交わしたりはないはずだと。

 

それでも、こうして9名の方にお話を聞くと、

やはり皆さんご活躍をされている理由が明確に共通してるんですね。

 

それは、何かというと、

社会貢献意識」です。

きな臭い響きですが、これは紛れもない事実で。

 

 

よく、

「仕事と関係ないことをやってなんになるの?」

「採算取れなくない?」

なんてことを言う人がたまに現れます。

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

あるマジシャンの方は世界にその名が売れながらもマジックやアートなどの新しい価値を織り交ぜた教育を語り、

あるデジタルアドバイザーの方はご年配の方がスマホを不自由なく使える世界を本気で目指している。

あるパーソナルトレーナーの方は特許の道具を使いご自身の経験から健康の大切さを説き、

ある牛乳屋さんは「毎日の健康応援団」のスローガンを掲げ喜んでもらえる仕事を届けるため地域を駆け回っている。

あるパティシエの方はアレルギーでケーキを美味しく食べられずに悩む子にも目を向けて「幸せのお手伝い」に奮闘し、

あるクレープ屋の方はオアシスのような心の持ち主で名実ともに「信頼される地域のおばちゃん」となっている。

あるからあげ専門店の方は、全国区の知名度がありながらも多店舗展開は考えず、この街で自らの手から生み出される絶品の唐揚げと幸せを提供し続けることを誓い、

ある美容室の方は、とにかく自らの心に正直で、やりたいことを追求して行き着いた結果が「目の前の人が喜ぶ姿を見る」ことだった。

そして、今回の美容サロンの方は、とにかく街の発展を第一に考え、そこに尽力することが責務だという姿に我々は圧倒されてしまった。

 

皆さん、自分のことだけを考えている人は1人もいない。

いつだってこの街、この世の中の発展・幸せを第一に願い、そこに向かって突き進んでいる。

だから皆さんかっこいいし、輝いています。

 

この方たちの本業での成功を目の当たりにすると、これらは「社会貢献」に尽力した結果であって後からついてきたモノだ、と言われても頷くしかないのです。

 

地域のお祭りなど、わかりやすく「密」を生み出してしまう行事は軒並み中止となる今の世の中において、組合などの団体単位では「社会貢献」を実現することはなかなか難しいですが、それぞれの会社単位で昨日も今日も明日も、いつだってこの街の幸せと発展を願う方はあなたの近くに必ずいます。

 

それなのに、学生時代の私はこの街の良さに今ほど気づけていなかった。

愚かだったな、とつくづく思います。

 

 

見方を変えてみれば、こんなにも魅力的な方たちがたくさんいるこの街の良さを、幼い時から気付けるような街にしていきたいなと思います。

 

さて、じゃあ自分に何がやれるか。

まずは、できる小さな事から。

 

これまでお越し頂いた方々には僕なんて遠く及ばないし、

これからお越しいただく方にもきっと圧倒されてしまうだろう。

 

 

ワクワクと勉強と気づきと、それから、、

このYouTubeチャンネルは色んな意義を背負っています。

 

→ホームページ「ナコー伏見」

https://www.naco-243.com/

→YouTube「ナコー伏見ちゃんねる」

https://youtube.com/channel/UCzqzxzTy67qA4PzNglPPtmw