2種類の「距離」

2種類の「距離」

2021年3月21日 オフ 投稿者: ゆーや

 

地域家電店の生業(なりわい)から、一つだけ超えられない壁があります。

 

 

それは、お客様との「物理的距離」。

 

 

 

例えば、北海道・沖縄で我々のような地域家電店で家電を買いたいお客様が居たとします。

いや、むしろ「ナコー伏見で買いたい!」と言ってくださった方が仮に居たとしましょう。

 

 

しかし、その思いには応えられないのが正直なところ。

時には救急車より早く駆けつけたり、きめ細かく行き届くサービスを売りとする我々の良さは、残念ながらそのような「距離」を超えることはできません。

(どこでもドアがあれば話は別!笑)

 

 

じゃあ、大手みたいに通販サイトでもやれば良いじゃん。

そう思う方もいらっしゃるかと思います。

 

 

たしかに、我々の売り物が「家電」だとすれば、そのスタイルに舵を切るのがベストです。今すぐ立ち上げれば良い。

それに、商圏をローカルから全国へ広げていくことは、商売としての見栄えは良いです。

 

 

 

では、今のご時世そのようなことをやろうと思えばできるのになぜやらないのか。

 

 

それは、至ってシンプル。

我々の売り物が「家電」ではないからです。

我々の一番の売り物は「心」だから。

 

 

詰まるところ、ネット通販や大型量販店と、我々のような小さな地域家電店の売り物は、同じようで全く違います。

お互い「家電」を取り扱うのに、です。

 

 

 

だからこそ。

 

そのような物理的距離を変に甘くみてしまうと、本来の強みを活かしきれなくなってしまいます。

そんな背景を持つからこそ、ナコー伏見は長年名古屋の南辺り〜知多半島に商圏を固めて来ました。

 

 

そんなことを踏まえて、今回の話を読んでいただければと思います。

 

 

ーーーーーーーーー

 

 

O様。

このお客様も私のおじいちゃん(初代)からのお客様です。

初めてお話しした時に嬉しそうに当時のことをお話しして下さいました。

半世紀近いお付き合いに頭が上がらない。

そんなことは言うまでもありません。

 

 

 

さて、去年の秋口。

O様から一報が父の携帯に入りました。

 

実はこの度娘様がご結婚されると。

素直におめでたい話です!

 

そこで。

嫁ぎ先がなんと岐阜県!

 

 

「岐阜まで来れるか?」

 

父はそう言われたそうです。

車で1時間はかかります。

 

 

社長は一つ返事で、

もちろんです!

とお返しし、電話を切りました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

さあ、ここで考えたいのは、

今回テーマに上がっている「物理的距離」。

 

 

正直言って、近くはありません。

前職では日帰りで東京や大阪を行ったり来たり(新幹線)していたので余裕かと思われるかもしれませんが、仕事の種類が全く違いますから。

 

もっと言えばO様ご家族だって我々から買わずに、岐阜県の量販店で家電を揃えたってなんの問題もないのです。

 

では、なぜ我々にご用命をいただけたのか。

嬉しい気持ちとびっくりする気持ちが交差しますが、答えは一つ。

 

 

 

それは、O様とナコー伏見が長年築いてきた

信頼関係、即ち「心の距離」が〜岐阜県と言う「物理的距離」を超えたことを証明したように私は感じます。

 

 

たしかに、北海道や沖縄など車で何日もかかるところまではどうしても難しい部分はあります。

でも、岐阜県なら行ける。

いや、むしろ行かせてください。

 

 

 

雨の切れ目はどこ?みたいな例えになってしまいますが、

今回の件で、ここまでは商圏だけどここから一歩先は商圏外だ。

なんてことはこちらが一方的に決めることではない。

少し離れているからと言って怖気付くものでもない。

 

 

「物理的距離」なんてものは、お客様との「心の距離」でゆうに超えていけるものだ。と確信しました。

ーーーーーーーーーーーー

 

商談も滞りなく進み、

現調は、今どきっぽくテレビ電話で入念にしました。

 

 

納品日は3/20

当初は雨予報でしたが、一転。

直前に予報が変わり、快晴でした。

 

 

きっと、このおめでたい日に太陽が味方してくれたのだと思います。

納品は無事完了。

 

 

改めて、おめでとうございました。

 

 

ーーーーーーーー

 

 

今の時代、

物理的地図は検索すれば完成したものが簡単に出て来ます。

案内までしてくれます。

何も付け加えなくても。

 

 

ただ、そこには色も形もありません。

 

 

 

では、心の地図はどうか。

これから何十年かけて自らが色づけ、形どっていくものです。

行き先も自分で決めていきます。

 

長い歴史の中で色んな出来事に出逢いますが、

そこで発生するお客様との距離は如何様にも縮めることができるでしょう。

 

 

昨季は私の友人を含め、述べ10組程の新婚様の新生活と関わることができました。

本当にありがとうございます。

 

 

この先に広がる心の地図は無限大です。

 

 

幸せにしたいのは、ご年配?若者?

いいえ。

 

どの世代も関係なく、ナコー伏見に関わる人全てです。

 

 

 

O様と築き上げてきたような心温まる色を、地図いっぱいに埋めていけるように、これからも毎日一人一人と真剣に向き合っていきたいと思います。

 

 

だって、父や祖父に比べたら、私の地図はまだまだ比べ物にならないくらい真っさらですから。

 

→ホームページ「ナコー伏見」

https://www.naco-243.com/

 

→YouTube「ナコー伏見ちゃんねる」

https://youtube.com/channel/UCzqzxzTy67qA4PzNglPPtmw