永遠の「先生」

永遠の「先生」

2021年7月18日 オフ 投稿者: ゆーや

 

年次が変わって、取り巻く環境が変わると、

出会う人も変われば、今まで会っていた人となかなか会えなくなったりもします。

 

でも、これに関しては全然悲観的になる必要はないと思っていて、人は願えば必ず引き合うし、また出会えると思っています。

そして、そうやって出会ったときは決まって温かい空気になる気がします。

 

 

先日、小学校6年生の時に担任をしてもらった

I先生がエアコンのお話でご来店されました。

ご依頼は奥様のご実家にエアコンを。とのことでした。

 

 

先生とは成人式の時に会っているし、年賀状やメッセージのやり取りは定期的にしているので、めっちゃくちゃ久しぶりという感覚はなかったのですが、

社会に出てからは初めて会ったので、どこか懐かしくて嬉しくて。

 

 

本題である、エアコンの話をさせてもらったあとは、

卒業したあとこうだったんですよ〜みたいな話をしながら盛り上がりました。

 

 

そこでいきなりですが、このI先生の好きなところ。

と言うか、今になって気づけた素敵なところ。

 

 

それは、

小学校6年生の僕にも、25歳になった僕にも全然話し方や接し方が変わらないところ

思い返せば、あの時から「ひとりの人」として接してくれていたことをブワーッと思い出しました。

 

 

全員が全員ではないと思いますが、どうしても小学生を相手すれば、大抵の大人は子ども扱いをします。

言い方一つで手のひらで転がせたりもするだろうし。

 

 

でも、意外と12歳とかって自我があって、難しい年頃でもあるから、反抗もします。

 

僕、結構ヤンチャだったから、

今思えば相当先生を困らせてしまったと反省をしていますが、あの時から先生は一人一人良いところを見つけては褒めて、一対一で向き合っていた記憶があります。

 

 

毎朝学級新聞を書いてみんなに配ってくれたり、土日に僕の野球を観に来てくれたり。

そんな一生懸命なアツい先生だったので、

あの頃は、

「本当に熱心ですごいな」と思ってましたが、

こうやって、僕自身も大人になり子どもを持つと、よりその思いが深くなるというか。

 

 

話は戻りますが、

あの時と喋ってる感じが全然変わらないんですよね。

こっちは歳が倍にもなって、背も大きくなって、色々変わってるのに。

 

それすごくないですか??

逆に言えば、あの未熟者半端者の小6のみんなを相手にしても、「人」として認めて接していたということですか?

 

 

感動します。

改めて、こんな先生が担任で良かったと思ったし

自分の子どももこんな先生に預けたいと思いました。

 

 

これは、誰を相手にしても自分の中の「軸」をぶらさないことにも大きくつながると思うので、本当に真似したい。

社会の中でも本当に必要な力だと、こうして働くようになってから実感します。

 

 

でもね、

当の本人は「僕にとってはずっと小6のゆうやのままですよ」って僕の親にも言ったりするもんだから、きっと無自覚に優れてるんだと思います、人として。

それか、何枚もうわてか。笑

 

 

 

ありがとうございます。先生。

またコロナが落ち着いたら飲みに行きましょう。

いつか、クラスを集めて先生をご招待したいと思います。

お楽しみに。

 

 

学級委員 田中裕也より

 

 

→ホームページ「ナコー伏見」

https://www.naco-243.com/

→YouTube「ナコー伏見ちゃんねる」

https://youtube.com/channel/UCzqzxzTy67qA4PzNglPPtmw