バンドワゴン効果

バンドワゴン効果

2021年1月31日 オフ 投稿者: ゆーや

 

さて、今日はこの話題について。

 

みんなが持っているものを欲しい!とか、流行りに乗り遅れまい。という、

時にはヒエラルキーさえも意識した心理が作用して、他者の所有や利用が増えることを「バンドワゴン効果」と言いますが、最近この効果がとても気になってます。

 

 

わかりやすく言うと、街中で見かけるあの「行列」のことですね。

 

 

 

仕掛けや仕組みづくりの括りで定石とは言え、人間の深いところにある「本能」の部分に刺さってくる効果なので、デザインできると良いんだろうな。と思ってます。

 

 

その点、我々の市場は耐久消費財を扱うため、そういったこととはこれまで無縁な業態でした。

 

でも、商売する上でやはり無視はできないですね。

 

 

これから「NEW  STYLE」と謳って新しいことを始めようとしている身としては尚更。

 

 

ただこの効果は結果としてなのか、狙ってなのか、で分かれると思ったので書いてみようと思いまして。

 

 

結果としての場合は、お分かりの通り

一時的にキャパを超えたときにたまたま「出口」の部分がそうなっているため。

つまり、店主が望んでいない「行列」ならそこにデザイン性はありません。

 

 

 

では、狙っていた場合はどんなケースでしょうか?

 

 

例えば、某ラーメンチェーン店はそうかもしれないですね。

きっともう少し席数を増やせば、効率よく回転を見込めるのでしょうけど、あえてあの席数で営業する仕組みによって、自然と外に行列ができるようデザインされている。

 

結果、その前を通りかかった人が、

 

「お、流行ってるな。やっぱ人気なのは美味しいからだな。」となり、行列に人を足していくわけです。

 

 

だから、店舗をあえて広く取るより、駐車場の方が広いんでしょうね。

商業施設にはつくらず、路面店のみで勝負しているのも何か理由があるかもしれません。

 

 

これも一つのブランディングだな。と思って前を通る時はいつも見てます。

 

 

もちろん、味が美味しくてそこに人が集まってることは大前提の話ですが。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

近況報告をすると、

 

現在、コロナの状況も踏まえてですが、なるほっと横丁の本格始動(3月〜)をどのような形でスタートさせるかを各講師の方と打ち合わせをしています。

 

また同時進行で、そのなるほっと横丁を使った別の事業として、新しいプラットホームを立ち上げようと煮詰めている最中でもあります。

 

こちらは、まだ内容を公開する状態に至ってはおりませんが、恐らくまだこの地域では初の試みだと思うので、今後どのような展開にしていけるかワクワクしています。

 

 

ズバリ!

テーマは「全員で勝つ」

 

 

公にできる時を楽しみに、熟考を重ねていきます。

さあ、頑張るぞー!