「結論から述べる」ばかりが正しいか?

「結論から述べる」ばかりが正しいか?

2021年6月13日 オフ 投稿者: ゆーや

自分の身体は一つしかないし、一人に割り当てられた時間はそれぞれ平等なので、デキる人は常に「時間」を意識していると思います。つまるところ「生産性」ですよね。

 

 

話がダラダラ続くと相手の時間を奪ってしまうため、やっぱり答えから先に述べることがビジネスの鉄則。当たり前事項ですけどね。

 

 

「結論ね、、」

から入ると確かにそこから始まる話の全貌が読みやすいだろうし、理解も深まるだろうから、話し手のときはかなり意識します。

 

 

 

ただ、

その「結論」とやらを、いついかなるときも先に持ってくるのはちょっと違うな、と最近強く思ってまして。

それでは型が一つしかありませんからね。

お前は善逸か!(鬼滅の刃)

 

 

だから、話の「着地」って意味では一緒なのですが、最近特にビジネスシーンの「結論」と世間話の「オチ」は似て非なるなぁ、と思うんです。

 

 

耳にタコができるほどの繰返しになりますが、僕たちはご年配の方をお相手にお仕事をさせてもらうことが大変多いです。

 

いわゆる、専ら(もっぱら)の、

BBusinesstoCCustomer)です。

 

 

ということは、基本的にお客様がお休みの時にご対応させていただく仕事だから、

こちらは「スイッチオン」でもお相手は基本的に「スイッチオフ」。

この感覚、BtoCで生きていく人間は本当に甘く見積もらない方が良いよなと思います。

 

 

だから、そもそもBtoBで繰り広げられる「生産性」を第一命題に掲げていては全くダメなんですね。

こちら側の都合ばかりになって、アプローチがズレます。

 

これはBtoBだった前職の在り方から切り替えなければいけないところだったので、最初は本当に意識しました。

 

 

実際、ご年配の方は

お一人で暮らされている方、息子娘さんが近くにいない方など、置かれている環境は様々ですが、皆さん基本的には「おしゃべり好き」。

 

 

極端ですが、施工・納品と世間話が同じくらいの時間を要することもあります。

 

 

「最近息子が帰ってきてね、、」

「昔、こんなところに行ってね、、」

 

ってお話は本当に尽きないけど、こちらもいつも聞かせていただいて大変勉強になるし、何よりゆったり時間が流れて落ち着きます。

皆さん、僕なんかよりもずっとずっと奥深い人生を歩んでらっしゃるので面白いし。

 

だから、

そこを「生産性」の一辺倒で片付けるとあまりにも乱暴で、それこそ優しくないんですね。

もちろん演技なんかないんですけど、お話を一緒に悩みながら楽しみながら聞かせていただくことも大切なことですから。

 

 

だから、ある種僕もこの仕事を始めてから、

「結論」からしない話も魅力的に映ります。

 

そこのあなたも

ダウンタウン松本さんの「すべらない話」は好きでしょ?

あれも結局、「オチ」は最後ですからね。

 

 

だから、まとめると

シーンに応じて使い分けたら、色んな人と仲良くなれて、会話が弾むよね。っていうのが今回の内容でした。

 

 

ほら、こんな感じで「結論」を最後に言ってみました。最近このスタイルでブログも書いてます。

 

だって、これを読んでくれている方も、きっと今は仕事をしていない「スイッチオフ」のときだと思うのでね。

 

 

昔、ある友達の女の子が言っていました。

 

「結論から話してもおもしろくなくない??最後に言うからおもしろいんじゃん!」

 

 

、、、

確かに。おっしゃる通りだ。

 

 

 

→ホームページ「ナコー伏見」

https://www.naco-243.com/

→YouTube「ナコー伏見ちゃんねる」

https://youtube.com/channel/UCzqzxzTy67qA4PzNglPPtmwら