「いいからさっさとやれ」

「いいからさっさとやれ」

2021年8月15日 オフ 投稿者: ゆーや

少し前にこの言葉に出会ってからトリコになっております。

 

「いいからさっさとやれ」

某著名人の言葉です。

ほんといい。

 

 

確かに昔から決断は早い方だと思います。

あんまり迷わないタイプでした。

人生は本当に選択の連続ですし、なんなら朝起きてから夜寝るまで大なり小なり何百何千と「決断」を繰り返して人々は今そこに立っています。

 

 

特に経営者はその「決断」を下す事がメインであり、他の者ではできないことです。

なぜならば当たり前に会社を動かす「責任」があるからです。

そしてこの「責任」の重さ、会社の大きさには比例しません。小さくてもとても大きなものを背負っています。

だからそこのスピード・精度は一生磨かなければいけない課題ですよね。

 

経営は稼ぐ、削る、防ぐの「か・け・ふ」。

特に日本人は「け」がめちゃくちゃ苦手な人種らしいので、撤退や方向転換に悲観的になりすぎたくないものです。

もちろん、継続は大事ですけど。

 

 

ファーストチェス理論

有名ですよね。

人の出す答えなんてものは「5秒で出す答え」と「30分かけて出す答え」の86%が一致するという話。

だから直感を磨け。善は急げ。なんですよね。

そもそも直感は経験足からつくられるそうなので、とりあえず迷ってる暇があるなら「さっさと」決断して、次の決断を迎えた方が良さそうです。

 

そう言った意味では、日常でも直感的に生きられている人は少ないんじゃないかな。

対人関係だと余計な損得勘定が働いたりね。

 

「この人のためならこうしてあげたい」って思うならそうするべきだし、

「この人にはな、、」って思うなら素直にやめたらいい。

 

 

「こうしてあげたいけど、お返しは返ってこないよな。」とか

「この人はあんまり好かないけど、こうしておけば得なんじゃないか」とかは「さっさとやってない」ので、あんまり良くなさそうですね。

 

 

目まぐるしく変化する世の中。

やはり、スピードが命です。

良いと思ったら絶対すぐやった方が良いし、迷ってる間に誰かが先に行きます。

そして、先行者利益を握り、間もなく届かないところへどんどん走り去っていく。

 

 

踏み出した道を最後、正解にするかは結局自分次第なので、英断だったと言えるように失敗しても「いいからさっさとやれ」。

 

 

ちなみに、飲食店でメニューを開いてる時間も結構当てはまるらしいですよ。

 

まあそれは冗談だとして、

自分も肝に銘じて明日からも頑張ります。

 

 

 

 

→ホームページ「ナコー伏見」

https://www.naco-243.com/

→YouTube「ナコー伏見ちゃんねる」

https://youtube.com/channel/UCzqzxzTy67qA4PzNglPPtmw